その他

【ブログ】【WordPress】【Google Search Console】noindexタグが設定されているエラーの解消方法

こんにちは!Lenocoです。本日も見てくださりありがとうございます。

今回はブログについてお話したいと思います。

noindexタグとは

noindexタグってご存知でしょうか?
Googleにインデックスされたくない(Googleで検索されたくない)場合に
HTMLに記述するmetaタグのことらしいです。

今回起きた現象

故意に設定した記憶はないのですが、
あるときGoogle Search Console(通称:サチコ)を見ていた時、
右上のお知らせマークが光っているではありませんか。

開いてみると、『サイトhttps://lenoco.tokyo/で「カバレッジ」の問題が新たに検出されました』の不穏な文字・・
さらに見てみると、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とありました。

「詳細を表示」を押してみると、
どうやらサイトマップのURLのようです。

どういうことなのか調べてみました。
サイトマップというのは、そのサイトのどこに何が書いてあるかを指し示す地図のようなもので、
無くても問題ないのですが、あったほうが便利で、
SEO対策にもなるとのことだったので、数日前に設置したのです。

エラーの原因

わたしはサイトマップ設置の際、「Google XML Sitemaps」というプラグインを使用したのですが、
その場合にこの、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーが出てしまうようです。
なぜかというと「Google XML Sitemap」プラグインでは、
サイトマップに含まれるHTML形式のサイトマップ、「sitemap.html」の中にnoindexのmetaタグが設定される仕様になっているからだそうです。
そのまま放置しても特に問題がないそうですが、なんだか気持ち悪いので、エラーを解消しようと思います。

エラー解消方法

WordPressの「Google XML Sitemaps」の設定で、「HTML形式のサイトマップを含める」が有効になってしまっているので、
そのチェックを外し、「設定を更新」を押してください。
これで、エラー原因となるHTMLサイトマップは、XMLサイトマップに含まれなくなります。

とっても簡単ですが、いったんこれで解消するようです。
私の場合ですが、数日後に「エラーが解消されました」と通知がありました。

さいごに

謎のnoindexタグのエラーでお困りの方!参考にしてみてください。
わたしもそうですが、ブログ初心者には、ちょっとしたエラーもかなり心配になってしまいますよね。
今後も自分がつまずいて困ったことや、解決できたことなど少しずつ記録として残していければと思います!!

Lenoco

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。